未分類

オナ禁のメリット5つ!意外なメリットが盛り沢山です!

オナ禁とは、その名の通り「オナニーを禁止すること」です。

好奇心から、何日か試したことのある方も多いのではないでしょうか。

もしくは、「オナニーしすぎてヤバイ」と感じて、オナ禁をした方もいるかもしれませんね。

オナ禁の効果については、様々な説が囁かれています。

個人によって効果もバラバラですから、どれを信じれば良いのか分かりませんよね。

そんな方のために、オナ禁のメリットを分かりやすくまとめてみました。

オナ禁のメリット5つ!

オナ禁のメリットは、5つあります。

順を追って、解説していきますね。

★オナ禁のメリット5つ

  1. 睡眠の質が良くなる
  2. 男性ホルモンが増える
  3. 集中力が上がる
  4. 女性にモテる
  5. 時間ができる

睡眠の質が良くなる

「朝起きるのがつらい」
「ついつい、二度寝してしまう」

起床がツラいという人は、結構多いですよね。

実はその現象、オナニーも関係しているって知っていましたか?

オナニーをした翌朝、身体がダルいという方も多いと思います。

それは、オナニーによって、交感神経が優位になってしまうからです。

交感神経は、日中に身体を動かすための神経。

私たちが起きて活動している時は、この交感神経が働いています。

睡眠中は、その逆です。

副交感神経という、身体をリラックスさせるための神経が働いています。

しかし、オナニーをすると交感神経が働き、リラックス状態から離れてしまう訳です。

つまり、オナニーによって睡眠の質が落ちてしまうということですね。

疲れて仕事から帰ってきて、ダラダラしながら、なんとなく寝る前にオナニーしてしまうという方もいるでしょう。

オナ禁をすれば、朝の身体のダルさともおさらばすることができますよ。

オナ禁で、快適な朝を手に入れましょう!

男性ホルモンが増える

オナ禁をすると、男性ホルモンの値が上昇することが分かっています。

「オナ禁」6日目まではほとんどテストステロン濃度は変化していないが、7日目、急激に146%に増加していることが分かる。

引用:オナ禁の科学

男性ホルモンというと、性機能のみに作用していると思っている方が多いですが、そんなことはありません。

男性ホルモンは、男性の生き方を大きく変えるホルモンと言っても過言ではないのです。

実際に、男性ホルモンが高い人にはこんな特徴が見られます。

テストステロンの高い人は、チャレンジ精神、冒険など自分の世界を広げる意欲の強い人です。これは、企業家精神や、営業での新規開拓力といったことにつながるでしょう。また、テストステロンの高い人は、仲間と社会との協調を大切にする、健全な競争心の強い人でもあります。

引用:東洋経済オンライン

まさに、男性ホルモンは「男の魅力」が詰まっています。

男性ホルモンが高い人ほど、正義感が強く、同性の支持を集めやすいです。

つまり、絵に描いたような男らしさとは、この男性ホルモンによる働きの部分が大きいのですよ。

ビジネスで成功したい、人望の厚い男になりたい…。

そう願うのであれば、オナ禁で男の魅力を上げましょう。

ただし、最大でもオナ禁は一週間に留めておきましょう。

というのも、オナ禁8日目になると、男性ホルモンが下がってしまうことが分かっているからです。

溜めすぎるのも良くないので、1週間に1度はオナニーするよう、心掛けてください。

集中力が上がる

こなさなければならない仕事に、受験勉強…。

集中しなければならないのに、スマホやテレビを見てしまって集中できない。

男女に限らず、こんな経験がある人はたくさんいるでしょう。

実は、オナ禁はこんな事態を回避してくれる救世主だったのです。

オナ禁をすると、男性ホルモンが上昇するというのは、先程お話しましたね。

男性ホルモンと集中力には、大きな関わりがあります。

 テストステロンは集中力やリスクを取る判断をすることなどの、高次精神機能にも関係します。

引用:順天堂大学 泌尿科

つまり、男性ホルモンが上昇すると、集中力も上がります。

更に、男性ホルモンには記憶力を上げる効果があるため、勉強には欠かせません。

受験勉強中にオナ禁をする方が多いのは、こういった影響からです。

女性にモテる

男性ホルモンが増えると、女性にモテることが分かっています。

男性ホルモンが高まると自信や活力、筋力が備わってくるという何とも魅力的なホルモンだ。別名「モテホルモン」とも呼ばれておりオスのネズミにこの成分を注射した実験ではメスのネズミが群がりだすという結果も出ている。

引用:exciteニュース

草食系男子が増える昨今。

昔はイケイケだった男の中の男は、絶滅しつつあります。

もちろん、草食系男子が魅力的という女性もいます。

しかし、いつの時代でも、積極的で男らしい男性はモテるもの。

基本的に、女性は男性にリードしてもらいたい生き物ですからね。

オナ禁で男性ホルモンを上げ、女性にモテる魅力的な男を目指しましょう。

時間ができる

オナ禁をすると、オナニーをしていた時間を、別の事柄に充てることができます。

これは、18歳から40歳の独身男性300人に聞いた「オナニー」についてのアンケート結果です。

オナニー1回にかける平均時間は?
「5分」41人
「10分」93人
「20分」53人
「30分」70人
「40分」12人
「60分」26人
「61分以上」5人

引用:ライブドアニュース

オナニーに10分かけるという男性が、1番多いですね。

これは、オナニー自体にかけている時間ですから、ポルノ動画を探す時間が10分だとすると、合計20分になりますね。

「1日のうちの20分なんて、大した時間じゃないでしょう」

こう思われた方もいるかもしれませんが、1ヶ月計算で換算すると、どれほどの時間をオナニーに充てているかが分かります。

30日×20分で600分、600分は10時間です。

約半日を、オナニーに充てていることになりますね。

オナ禁をすると、この浮いた10時間を別のことに充てることができます。

時間を有効活用したいと考えているのであれば、オナ禁を始めましょう。

禁欲しすぎも良くない!オナニーの効果3つ

ここまで、オナ禁のメリットについてご紹介してきました。

しかし、オナニー=悪ではありません。

オナニーには、こんな効果があるからです。

★オナニーの効果

  1. 前立腺がんの予防になる
  2. ストレス解消になる
  3. 精子の質を上げる

前立腺がんの予防になる

前立腺がんは、男性特有のガン。

平均的に、50歳以降に発症する確率が高いです。

重度になると骨に転移し、そこからガンが広がるというパターンもあります。

日本の泌尿科第1位のガンであり、近年最も増えているガンの1つでもあるんですよ。

射精をすることで、そんな前立腺ガンを予防できるという研究結果が話題になっています。

米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かったという。

引用:ヨミドクター

実際に、この射精と前立腺ガンの因果化関係については分かっていないことが多いです。

しかし、研究結果から、射精がガン予防になるというのは信憑性が高いですね。

オナニーには、こういったメリットもあるのです。

ストレス解消になる

射精をすると、セロトニンという神経伝達物質が分泌されます。

このセロトニンは、精神や神経を安定させる効果があるのですよ。

セロトニンは、精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。特に、ストレスに対して効能があり、自らの体内で自然に生成されるもので、精神安定剤とよく似た分子構造をしています。

引用:平成医会

この効果により、射精がストレス解消に繋がっているんです。

ストレスを感じると、ついオナニーをしてしまうという方はいますか?

それは、無意識のうちにオナニーでストレスを解消しようとしている証拠です。

このように、オナニーには精神を安定させる効果があるのですよ。

精子の質を上げる

射精によって精子を出すことは、精子の質も上げます。

精子を溜めたままにすると、新しい精子の運動率を下げてしまうことが分かっています。

古い精子は酸化ダメージを受けている状態なので、新しい精子にも悪影響を与えてしまう可能性があるんですね。

妊活をしている男性の場合、精子の質は重要です。

渾身の1発を狙ってオナ禁をする方もいますが、適度に射精した方が良いです。

妊活中の場合は、週に1回以上を目安にオナニーしましょう。

★結局、週に何回オナニーすれば良い?

  • オナ禁中でも、週に1回の射精が好ましいです。

あなたの状況に合わせてオナ禁しましょう

オナ禁には、様々なメリットがあります。

しかし、妊活中の男性にとってはデメリットになってしまう可能性も高いです。

「自分はなんのためにオナ禁をするのか?」

そういった目標や、あなたの身体の状態に合わせてオナ禁しましょう。

★オナ禁のメリット5つ

  1. 睡眠の質が良くなる
  2. 男性ホルモンが増える
  3. 集中力が上がる
  4. 女性にモテる
  5. 時間ができる

逆に「オナニーしすぎて、少し不安だ」という方は、1度オナ禁をオススメします。

未知の体験をすることで、意外な自分を発見できるかもしれません。